足フェチ奴隷

美しい女性の足を見ると止めどもなく様々な妄想をしてしまう足フェチマニア向けサイトです。美脚動画はもちろん女性の足で踏まれたり、蹴られたり、足の指を舐めさせられたい欲望を実現できることでしょう。(これまで利用していたDTIブログが閉鎖のため、サイト引っ越してきました)

カテゴリ: 足フェチ動画レビュー(感想)

くつ磨き職人 参の巻を実際に見てみました。


一人目は19歳の学生(石川ゆみ)さんです。足のサイズは23.5です。見た感じおとなしそうな素人さんのように見えました。


くつ磨きの達人はブラシで埃を払って準備万端です。気さくに、くつ磨きの達人はゆみさんとおしゃべりをして、一日中ブーツを履いていたことを聞いてとても嬉しそうでした。


汚れを探しているとかいって既に、「ブーツは最高だなー」とか言って、ゆみさんのブーツを触りまくっています。「一日履いていたんでしょ」と繰り返し言っていました。


くつ磨きの達人は、ブーツを脱がし始めました。ブーツの中からは、生足が登場しました。「すごく蒸れていると思うよ。湿っぽいもん」くつ磨きの達人は相当の足フェチさんのようです。ゆみさんは結構恥ずかしそうでした。


くつ磨きの達人は生足を堪能し、鼻を近づけて、臭いを確かめます。ゆみさんが嫌がると、生足を足つぼマットのような所に置いてもらい、ブーツの内側を嗅ぐまくっています。「あー幸せだなー」と仕事そっちのけで楽しんでいます。


二人目は38歳、人妻の秋永好美さんです。なかなか高級そうなブーツですが、去年の結婚記念日の日に旦那さんに買ってもらったとのことです。1年物のブーツを毎日履いていると聞いて、くつ磨きの達人はとても嬉しそうです。



例によって、くつ磨きの達人は、ブーツの外側に鼻を近づけていると、好美さんは、「汚いものだから」と止めようとしています。そんなことお構いなしに、くつ磨きの達人は臭いを嗅ぎ続けます。


好美さんは困った様子で本当に帰ろうとしますが、くつ磨きの達人はなだめ、ブーツの内側の掃除もしますと言ってなんとか椅子にもう一度すわってもらっていました。好美さんは、ブーツの内側の掃除に興味があったらしいです。


さすがに、くつ磨きの達人挙動を不審に思ったらしく「おっさん、匂い嗅いでいません」と言っている時の表情は楽しめました。くつ磨きの達人は必死に「汚れの場所を探している」と言い訳をしてごまかしていました。


ブーツから出てきた、好美さんの足はタイツでした。「ダンスの帰りだから」という事で恥ずかしそうでした。ブーツを手にした、くつ磨きの達人は、ブーツの中にあるホコリなどを手でかき集めて、「ハァー」と匂いを堪能していました。


三人目は21歳、村雨ひなさんです。ひなさんはOLさんで、やはり一日中買い物をして歩きまわっていたそうです。靴は一年半以上履いているので、踵はかなりささくれて、針金地が露出していました。生地はスエード調のショートブーツです。


くつ磨きの達人は、外側をブラシで軽く払った後は、ブーツを脱がせました。ブーツから出てきたのは、黒いソックスでした。「匂いは嗅がないで下さい」と素人さんらしく、困った様子です。


とりあえず足を出させることに成功したくつ磨きの達人。黒いソックスの底の部分は、花柄の模様が施されていました。やはり、ひなさんも足の匂いを嗅がれるのは嫌だったようです。


くつ磨きの達人は、靴の中を掃除するからと、今度は、ひなさんのソックスの足を自分の太ももの上に置くように指示しました。


そうして、ブーツの中身チェック。仕舞には、ソックスまで脱がしてしまい。汚れが付着している生足を嗅ぎ始めました。くつ磨きの達人は匂いの着いた黒ソックスをひなさんにもらって満足そうでした。


くつ磨き職人 参の巻は実際に見る前には、女性が高飛車に男に靴を磨かせたり、足の匂いを嗅がせたりする足フェチ動画かと思っていましたが、違っていました。女性は皆恥ずかしそうで、素人さんに思えました。


二人目の好美さんは、最初足の匂いを嗅がせるのに躊躇していましたが、途中で足フェチに対する好奇心も手伝って、長い時間足の匂いを嗅がせていたのは良かったです。


女性の足も、皆一日中ブーツを履いていたのが、足についていた埃などから伝わってきました。


やはり、映像では、臭いが表現できない分、そのあたりに関しては、「くつ磨き職人 参の巻」は流石に、こだわりのある足フェチ作品だと思いました。


続きを読む

THE CRUSH アウトドアクラッシュ編 vol.4のレビューです。


今まで色々な足フェチ関係のDVDを見てきましたが、蛸の頭(ラブ&クラッシュ)が女性の足で潰されるシーンはまだ一度もありませんでした。


クラッシュ関係でも、蛸の頭のクラッシュシーンが見れるDVDはなかなか無いと思います。


そんな怖いもの見たさの気持ちが抑えられずに、THE CRUSH アウトドアクラッシュ編 vol.4を購入して見ることに。


音楽とともに現れた、桃井はるかさんは22歳で、気になる足のサイズは24センチとのことです。どこにでもいるような普通の女性でした。


しばらくは、茶色のブーツを中心とした映像でした。場所は公園のようです。「今日は一杯いろんなものを踏みつけて壊してみたいと思います」やる気満々です。


最初は、模型のジープ、続いてスケボー少年の模型、クモの模型と結構壊すのに意外に大変なようでした。


先ほどブーツから黒のブーツに履き替えた、桃井はるかさんでした。今度の潰す対象は何なのか気になるところです。


その前に、落ち葉を踏むシーンがありました。とても楽しそうに笑っていました。


「今度はトマトです」3つ並んだトマトを直ぐには潰さず、暫くは、ブーツの靴底で撫でまわしておられました。一番右側の、トマトに狙いを定めると、右足に体重をかけ始めました。


変形し、「プシュッ」という音とともに、トマトは潰れました。
「あー中身出ちゃった」その後潰れたトマトをヒール部分で突き刺し、2個目も同じように今度は力一杯踏みつぶしてしまいました。


最後の一つも同じくブーツで潰されて原形を留めず、泥だらけになってしまいました。


「今度はピザです」「両足で踏んでみます」そうおっしゃって、ピザはグチャグチャになって無残な姿になりました。
ブーツの靴底はピザか泥か分からないほどになっていました。


「次はこのお魚です」「かなりキモイんですけど・・・」「じゃー思いきっていきます」
魚は見たところ鯛(タイ)のようでした。桃井はるかさんは右足を鯛に乗せ、体重をかけ始めました。


「あーミシミシ言ってる」多分内部の骨が折れた音なのでしょう。「内臓とか出たらどうしよう」鯛の体はへこんでしまいました。


へこんだ部分に今度はブーツの踵を押しつけ、グリグリしていました。「ちょっと顔が怖い」と言って鯛の顔の部分を潰すことに。そのとき、「バキバキ」と音がしていました。


その後は、ジャンプして魚の上に飛び乗ったりしていました。「足の裏はこんな感じです」とカメラに見せたブーツの靴底は、魚の剥ぎ取られた部分がくっついていました。


このブーツの靴底は滑り止め加工がされているようで、余計に破壊力が増していたと思われます。


魚の口はポッカリ開いていましたが、その部分も潰してしまいました。「キモイ」「生臭い」とおっしゃっている割には、とても楽しそうでした。


最後は蛸の頭です。なんだか珍しそうで、つま先部分で突いたり、軽く踏んだりしていました。



「踏みごたえがあります」「足より大きいです」思いっきり踏みつけても、ゴムのように、なかなか蛸の頭は弾力があり、簡単には潰れません。


靴で裏かえし、再び踏み始めました。「ちょっと気持ちいいかも」多分、踏みごたえがあるのだと思います。


「踵刺してみます」そうおっしゃると、蛸の頭の部分にブーツの踵を押しつけると、簡単に貫通してしまいました。踵に突き刺された蛸の頭を桃井さんは持ち上げて見せました。


「穴だらけです。」ブーツの200回程に及ぶヒール責めにあってさすがの蛸も最後は破れ(敗れ)てしまいました。

全体的な印象は、魚にしろ蛸にしろ既に死んでいるのですが、ちょっと可哀そうに感じましたが、それと対照的に女性は楽しそうに対象物を踏んでいる動画でした。


かなりグロいので、足フェチさんというか、かなりマニアの方向きの動画でした。


THE CRUSH アウトドアクラッシュ編 vol.4のサイトはこちら。


↑このページのトップヘ