足フェチ奴隷

美しい女性の足を見ると止めどもなく様々な妄想をしてしまう足フェチマニア向けサイトです。美脚動画はもちろん女性の足で踏まれたり、蹴られたり、足の指を舐めさせられたい欲望を実現できることでしょう。(これまで利用していたDTIブログが閉鎖のため、サイト引っ越してきました)

2008年10月


体験したくても、なかなか経験できないのは、仕事帰りのOLさんの足の匂いを堪能することです。

フェチ関係のクラブでは、一応オプションという形で、ムレムレの足の匂いを嗅ぐことが出来るコースもありますが、お店の人に言うのが恥ずかしくて・・・。

数少ないですが、仕事帰りのOLさんの足の匂いを嗅いだこともありますが、以外に匂わないことも多いです。

靴の種類や古さ、会社でサンダルに履き替えた(これ、結構多いのが残念)、ストッキングやタイツの種類(消臭タイプか)、気候(高温多湿の日は最高)、女性の体質、中敷使用の有無、消臭スプレーの使用の有無。考えられるだけでこれほどの要因が足の匂いに関連していると私は考えています。

だから、仕事帰りのOLさんと一言いっても、実際に匂うのかは、不確定です。お客さんである私たち、M男性に足の匂いを嗅がれるのが、嫌であったり、恥ずかしいと思う女性なら、色々と足臭対策は行ってしまいますから。

まー今までの経験では、美人OLさんは、足臭ケアまできっちりこなしていることが多いようです。動画はOLの黒ソックス2より

靴箱の奥でじっと出番を待っている、ブーツ達。

仲間のうちの何足かは、彼女に履き古されて、足の汗や垢まみれになって、手入れされること無く捨てられていった。

生き残った数名は、少しの手入れを受け期待と不安で、ブーツシーズンを迎えることになる。さあそろそろ君達の出番だ。

ブーツ達は、一体今年は無事に、彼女の足から発せられる、汗や足臭を受け止め切ることが出来るのか不安でいっぱいの様子。

ボロボロに彼女に履き古されて、生涯を終えるか、それとも来年も生きながらえるか・・・。

ブーツの一生は羨ましくもあり、過酷でもある。

↑このページのトップヘ