足フェチ奴隷

美しい女性の足を見ると止めどもなく様々な妄想をしてしまう足フェチマニア向けサイトです。美脚動画はもちろん女性の足で踏まれたり、蹴られたり、足の指を舐めさせられたい欲望を実現できることでしょう。(これまで利用していたDTIブログが閉鎖のため、サイト引っ越してきました)

普通の男の人が女の人の靴を舐めるということは、女性に服従した証明としての行為です。

男の人にとって女の人の靴を舐めるというのは、屈辱であり、女の人にとっては、男を服従させた快楽を味わえるものだと思います。

私は女の人の靴を舐めるのが好きですが、大抵は靴底しか舐めさせてくれません。

靴底を舐めるときは、最初はかなり屈辱を感じていましたが徐々に屈辱が快楽に変わっていきました。

なので、今はお互いが快楽を感じることが出来ます。

靴を舐めるとき、女の人の靴が顔付近に来ると、ほんのり靴独特の牛革の臭いがしたり、靴底にある靴メーカーの名前が有名ブランドだったりするとさらに趣きが増します。


女の人の、靴を舐めることからエスカレートすると、足を舐めさせたもらえます。


足といっても、殆んどの女性は踵は舐めさせないです。女性の体の中でもっとの汚い部分の一つ足指を舐めさせられます。


女の人は男に足指を舐めさせることは抵抗が無いどころか、好きなことだと思う事が何度もありました。


ハイヒールやパンプスを履いていた女性の足はそれ程匂わなかったのですが、スニーカーやブーツを履いていた女性の足指は、なめる間際で、強烈な足臭がする事が多いです。


大抵は、女性の足の親指から、一本一本丁寧に、歯をあてないように気をつけて舐めます。


片足が終わると別の足も同じように舐めます。女の人の足の指を舐めて、皮脂や雑菌が私の体内に取り込まれることは特に美しい女の人の場合は、全然嫌悪感を感じません。逆に、嬉しさを感じます。


私は色々な足フェチプレイを経験していますが、可能ならやってみたいプレイがあります。


「居酒屋とかで掘りごたつみたいに足を入れられるテーブル席の穴の中に横たわって、女性の足の臭いを堪能します。


女の人はもちろん複数で、私の存在なんかお構いなしで、楽しく会話に夢中になっています。


会社の帰りのOLさんしかもブーツを1日中履いていた後の飲み会です。


私は、食事はなし、ただただ、女性たちの足臭を消すためだけに掘りごたつの下に寝転がっている」


そんなプレイというか状況なかなかOKしてくれる女性はいないかというと、女性側も複数なので、一人の場合よりも安心して会ってくれたりしてしまうかもしれません。


通勤途中に、某靴の修理店があるのですが、朝いつもなにかが半透明のビニールに入れられて店の片隅に置かれているのを目にします。


きっと、汚くなった中敷も混じっているのでしょう。


本当はそれをゲット出来たらいいなーなんて思いながら、見つかったら恥ずかしいし、万一ゲットできたとしても、本当に女性が履いていた靴の中敷なのか、若くて綺麗な女性の中敷なのかが分からないしナー。


こればかりは、万が一男の中敷だったら最悪なので、やはりこういうのは、実際に女の人と直に交渉するのが一番かなー。


女性の汗や皮脂で汚れた靴の中敷が今日もどこかで捨てられているのかなー。もったいないことです。




人事部長・蓮華に、いきなりリストラを宣告された二人の男は途方に暮れ言葉も出ない。


気休めに知人の女占い師・卑弥鼓のもとへ連れてってあげると申し出る蓮華。半信半疑ながらもすがるものの無い二人は蓮華の申し出を受けることにした…麗脚女神 踵の聖痕



貴方の陰部を刺激する、エロチックな女王様…。人間的権利を放棄し、社会的契約を破棄し奴隷として、生涯、女王様に忠誠を尽くすもの。


いかなる肉体的・精神的改造にも異議申したてせず苦痛にも何ら公言する場を与えられない。


身体のすべては女王様の支配化に帰属する。艶めく女王様の華麗なる調教をご覧ください。


↑このページのトップヘ